返済等のスピードに関するデメリットはある

返済を行う方々としては、総じて手続きをスピーディーに行う傾向があります。代金回収などを午前中に行って、午後に返済するケースも多いですね。実際金融会社としても、そういうスタイルを希望するケースがあります。それで融資商品などは、それに関するメリットはあるのです。全体的に手続きがスピーディーに進みますから、上記のように一日程度で返済が完了するケースも多々あります。

ところがファクタリングには、実はそれに関するデメリットも見られます。なぜなら融資商品と比べれば、多少の期間を要する傾向があります。ファクタリングというのは、すぐに入金されるタイプではありません。手続きを行ってから買い取られるまでに、若干の期間を要する傾向があります。返済も同様です。したがってスピードを求めるならば、かえって融資商品の方が良い事もあります。

しかしファクタリングは、それでも銀行から借りるよりは手数料が低めです。コストを抑えたいと思うなら、やはりその売掛金システムの方が良いでしょう。

 

職業別で収入も変わってきます。

小さいころなりたい職業にパン屋さんやケーキ屋さんスーパーヒーローになりたいなど夢がたくさんあったと思います。子供のころだったらなりたい夢も絶対になれると理由もなく自信がありましたが大人になると生活費や光熱費などのお金の支払いなども含めて収入を考えて職業を選ぶべきだと考えてしまいます。

そのためには職業選択を選んでいかないといけないですが職業別に収入がかわくることになります。銀行員や携帯会社や魚の水揚げなど職業をあげたらここにかけないぐらいですがそこに収入のかたよりがでてくるので事実だと思います。金融会社だと安泰や舟の水揚げになると魚の量によって売り上げがかわるなど固定収入や変動での収入出来高などそれぞれです。

しかし収入の金額をどれぐらいにしたいのかどれだけの幸せを得たいのかで人の生活の基準が違いますのでそこから選択になります。こどものただ単純だった夢が大人になると複雑かしてむずかしいことをかんがえないといけないのが悲しくなるようです。

 

海外旅行はアコムマスターカードで決まり!

友達とグアム旅行に行くことになった。 初海外旅行で手続き済ませ、よしっと思っていると友達から 「ちゃんとカードつくってる?海外はクレジットカードないと不便だよ。」 メールが入って来た。 初海外旅行だし、グアムだし、派遣社員だし、困っちゃった。 海外は現金だと両替が面倒だと聞いたことあるけど…。

大金持っていくと窃盗の可能性もあるから怖いよね。 だけど派遣社員ってクレジットカードつくれたかな? クレジットカードって安定した収入がないとダメじゃないっけ? 安定してるけど勤務年数、そんなに経ってないんだよなぁ。。不安。。

急いでネットで調べてみた。 「アコムマスターカード」 っていう金融会社の「アコム」と 「マスターカード」が一緒になったクレジットカードを見つけた! 国際クレジットカードで速くできるらしい。 これしかない!!と申し込みページにGO!

でも、「アコム」って消費者金融でしょ?大丈夫? キャッシングの会社だよね? って思ってよく読んだら、 キャッシングの利用も可能だけど、 ショッピング一回払いをメインにした、 クレジットカードの機能を持つカードらしい。

入会金・年会費が無料なのでムダなお金取られなくていい。 派遣社員だけでなく、パートやアルバイトも申込みできるらしい。 自営業や転職したばかりの人も利用しているそうだ。 審査受かるかどうかは、わかりませんが。

年齢資格が年齢20歳~69歳の定期収入がある人なので、 私はクリアしてるね。マスターカードが付いてるなら、グアムでも大丈夫だね。 友達も「それでいいんじゃない」と言っていた。早速、申し込んでみよう。

間に合うか心配でドキドキするけど、 「アコムマスターカード 」はスピード発行してくれるらしいので大丈夫だろう。

 

消費者金融の審査方法について

私は以前、消費者金融に勤めていました。ここでは、消費者金融での審査方法について述べてみたいと思います。お客様からお申し込みを受けると、必ず、加盟している信用情報機関へ、お客様の借り入れ状況の照会と登録をすることの承諾をいただきます。これを拒否されると、審査を続行することができません。

この信用情報機関への照会は、名前と生年月日が分かれば、瞬時に照会することができます。ここで、他社の借り入れ状況が融資条件の範囲内であれば、引き続き審査を続行することになります。多重債務の場合は、この地点でお断りということになります。

融資ができそうであれば、引き続き、家族背景や月収や年収や会社の休日など、細かな聞き取りをします。 こうして、全ての聞き取りが終わると、自宅と会社の在籍確認をとることになります。自宅の電話がコールのみであったり、留守番電話であったとしても、携帯 電話で話ができ、会社の在籍をとることができれば、問題はありません。サラリーマンの方など会社勤めの方は、本人が直接電話に出られてもよいのですが、自 営業の方の場合は、従業員に電話にでていただく必要があります。

もし、一人でされている場合は、取引先の明細書などを提示していただいたり、近隣へ電話をし、会社が本当に実在しているのか調べたりする必要があります。また、家族経営されている場合は、本当に本人がそこで働いているのか確認がとれるような在籍確認をとる必要があります。こうして、きちんと仕事をされていることが分かれば、最終決裁に入り、決裁者に融資額を決めていただくことになります。このようにして、消費者金融では審査を行っています。